上手く行く提案とは!?

技術・小ネタ 営業:T.Y 2018/12/05
yagi_column

販促物制作ではお客様から様々なご相談をいただきます。

• 作りたいものは決まっているけど、これって作れるの?
• 商品の販促をしたいけどどうしたらいいの??
• 何か良いアイデアが欲しい!
• どうしてもこの納期に間に合わせたいけど出来る?? 
• とにかく今必要だから何とかして欲しい!! 等…

様々なご要望にお応えする為、こちらも様々なご提案をいたします。
その中で、「お客様に喜ばれたときってどんな時?」「上手く行った時のポイントって何だったのかな?」をという事を振り返ってみました。

 

アイデアのマッチング

「新商品が発売されるからPOPを作りたいけど、今までと同じようなPOPだとありきたりだし、何より商品が埋もれてしまう…」とのご相談。

今までどんなPOPを作ってきたかをヒアリングし、今まで使用したことが無かったモニターを使ってみるのはどうか?とご提案。

お客様:「丁度新商品の宣伝映像があるし、モニターを使ってみたい。でも英語版の映像しかないし、編集が必要かも…」
私:「弊社では映像編集もやっているから日本語のテロップを入れたり、音声をかぶせて編集する事も出来ますよ」
お客様:「じゃあ日本語のテロップを入れて作りたい」

という話にまとまったのでした。
お客様には新商品の宣伝映像、ワールドカラーには映像編集技術があるというマッチングによりモニターを使用した販促物制作が実現しましたが、お客様の情報を引き出すきっかけとしてアイデアのストックは欠かせないと感じた案件でした。

 

出来る事を明確に

「大量の販促物を短期間で納品させたい」とのご相談。
お客様から指定された仕様だと納期に間に合わない…
ご要望には応えたいけど、現実的に無理な事もあります。

そんな時はこちらからは

「出来る事」「出来ない事」を、お客様には何を優先させたいか(納期・クオリティ・数量等)を明確にして、その条件に見合ったご提案

をします。
結構こちらからも色々と意見を申し上げてしまう事もあるのですが、逆に正直にお伝えする事で信頼していただき、色んな事を相談してもらえるのかなと思います。

 

何気ない一言から発展する事も!?

お客様との打合せが終わった後の雑談にて。
会社のエントランススペースに商品がズラリと並んでいて壮観。でも、商品を並べているだけで少し物足りない印象…

「ちょっと整えるだけでも印象が変わってくるんですけどね〜」

という何気ない一言から、エントランススペースの内装提案をして欲しいとお話をいただき、内装提案から施工まで実現した事がありました。
後からお客様より「丁度エントランススペースを改装したいけど、他業者様の提案がイマイチだった…」という話を伺い、ちょっとした事で物事が大きく発展する事がある、でもそうなるには日頃のコミュニケーションが大事なのだと思ったのでした。

まあ、これは私ではなく上司の一言だったんですけどね…

 

まとめ

以上の事から

• お客様が何を求めているのかを汲み取る事
• お客様から何でも相談してもらえる様日頃から信頼関係を築くと言う事

が良い提案に繋がるのだと思います。
至極当たり前な結論になってしまいましたが、やはり基本が大事なのだと改めて実感した次第です。これからもお客様に喜んでいただける提案が出来る様、日々精進していきます!

販促に関してご質問・ご相談がございましたら下記のバナーからお気軽にお問い合わせ下さい。「こんな相談事でもいいの?」と言う様な事でも大歓迎です!
ワールドカラーではお客様のお悩みを形にして解決いたします。

WRITERこの記事の著者

出身:埼玉県
好きなもの:銭湯・サウナ
座右の銘:なるようになるさ

RELATEDこの記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

PICK UPピックアップ記事