2018年4月入社 新入社員対談・前編

スタッフ紹介 営業:M.K 2019/03/20
川淵さん古川さん

2018年4月、新卒社員としてワールドカラーに加わったお二人に、
入社してからの約半年間を、対談を通して振り返っていただきました。(編集部)

Q.会社に入って日々どのように過ごしていますか?


       
Kさん
「ワールドカラーでは毎日違った事を経験できるけど…」

                           
                                   Fさん
                           「生活が規則正しくなったね。(笑)」

 
       
Kさん
「社会に入って感じた事だね。(笑)

 今は研修を通してデザインや現場に関することを中心に、勉強の日々。
 私はデザインの経験は未経験でここに入社したから、
 常に知らないことに触れられているなって思った。」

                    
                                  Fさん
        「お客様や先輩社員の打合せの中で、疑問に思った用語を調べたりするよね。
               『ワールドカラーの仕事』を覚えて吸収していく過程を楽しいなって感じる。


        Kさん
「学生の頃から変わったのは、ただ学ぶだけじゃなくて、
 会社やお客様、世の中に貢献するためにはどう行動するかを考えることかな。」

 

 

Q.入社前と入社してからの印象はどう変わりましたか?


         
Kさん
「マイナスな意味でのギャップはなかったよね?」

                                                       Fさん
           「確かにね。むしろ、ここで出来る仕事の幅はもっと広いんだ、って
            プラスの方に思うようになった。

        Kさん
「入社前は「什器、看板の制作がほとんど?」と思っていたけれど、
 基本的に「できません」とは言わないから、そこからあらゆる仕事に繋がっていくんだなって。」

                                  
                                      Fさん
              「今後は全体をプロデュースする仕事にも挑戦してみたいね。


        Kさん
あとこれは中身の話になるけど、営業部と制作部の距離が近いから、
 聞きたいことはすぐに話しに行けるよね。
 部署の垣根を越えたコミュニケーションはしやすくていいなって思った!

 

Q.仕事で面白さを感じるのはどんな点ですか?


        Kさん
私は制作物の完成までを一貫して見届けられるところかな。
 やっぱり世の中に形として残る仕事だからこその魅力だと思う。

                               
                                   Fさん
                                        「そうだね。あと私は、なくても凄く困るわけじゃない…けど
                                         ある事で生活がさらに豊かになる空間・場所づくりに関われる
                                            ところも面白いなって思った。


         Kさん      Fさん

対談の後編では、これからやってみたい仕事や今の悩み、
今後ワールドカラーに望む事、などといったお話をしていきたいと思います。

 

WRITERこの記事の著者

出身:千葉県
好きなもの:文具・日本文化・猫

RELATEDこの記事を読んだ人は次の記事も読んでいます。

PICK UPピックアップ記事